メールマガジン

 

神戸佛立寺ブログ1
神戸佛立寺ブログ2
佛立青年のひろば
本門佛立宗
HBS Network web site
佛立青年応援団

 

   ありがとうございます

 

 

■8行事予定
1日 朝10時 月始四恩報恩総講 併修 全国弘通ディ
12日 朝7時

高祖日蓮大菩薩報恩総講

 併修 全国弘通ディ
13日 朝10時

お盆回向 於:納骨堂

16日 朝10時 佛立開導日扇聖人報恩総講
24日 朝10時

門祖日隆大聖人報恩総講

 

■佛立寺 令和2年度主な行事(年間)
1月 1日 朝6時半 元旦参詣・祝盃
  1日 朝10時 本山・義天寺元旦参詣
  2日 朝10時 有馬別院祝盃
  5日 朝10時 初総講/成人式/辞令下附
  6日 朝6時半 寒参詣始まる(2月4日迄)
  12日 朝10時 開講記念総講/第一回立誓式
  16日 朝10時 総講/第二回立誓式
  24日 朝7時 総講/第三回立誓式
  26日 朝9時 教養四会合同初例会御講(もちつき大会)
2月 4日 朝7時 節分総講(願主料300円)
  16日 朝10時 高祖御降誕「神戸佛立口唱会」  於:佛立寺
3月 23日 朝10時 春季彼岸総講
  29日 朝10時 導師:門祖会:加藤日韻導師 (新入学生・新社会人のお祝い)
4月 26日 朝10時半 広島:広隆寺門祖会随伴参詣
5月 5日 朝10時 ファミリーディ(神戸布教区主催)於:芦屋・奥池
6月 7日 朝10時 開導会/創立百三十回記念法要:奉修導師:御講有上人
7月 12日 朝9時 本山開導会(当番参詣)
  21日 朝6時半 夏期参詣始まる(8月13日迄)
8月 13日 朝8時 お盆回向 於:納骨堂
  23日 午後4時 第13回佛喜堂まつり
9月 6日 朝10時 女性の集い:上沢・本法寺
  22日 朝10時 扇壽会
  22日 朝10時 扇寿会
10月 25日 朝10時 有馬別院高祖会  導師:加藤日韻導師
11月 8日 朝10時 高祖会/七五三無事成長御礼参詣 奉修導師:守口義天寺御高職 竹内日遵化主
12月 23日 朝10時 教養四会年末御礼参詣
  26日 朝9時 年末大掃除

 

 

東北の寺院のこの度の「東日本大震災」により被害を受けられたご信者様には心よりお見舞い申し上げます。 一日も早い寺院の復旧とご奉公の成就をお祈り申し上げます。

 

今月のこよみ

月のこよみ
6日 広島原爆記念日
昭和二十年八月六日午前八時十五分、米軍のB29爆撃機エノラ・ゲイが、広島市上空で世界初の原子爆弾リトルボーイを投下。約十四万人の死者を出した。残った被爆者は今なお苦しんでいる。以降、この日を忘れてはならない日と刻むため、原爆記念日とした。

6日 佛立寺第四世日亮上人ご祥月命日
明治二十一年一月一日、加藤富左衛門の三男として尾張一宮ご誕生。明治三十三年、二世日聞上人の下、出家得度。僧名を現道といただくも、同姓同名の先輩教務がおられ、現喜の喜を頂いて喜道といただく。師匠の命により明田日睿上人の付弟となり、宥清寺、清風寺、本妙寺でご奉公なされ、明治三十六年より神戸佛立寺にてご奉公。昭和三年、日睿上人遷化。後、第四世佛立寺住職に就任。昭和五年、師匠御三回忌に宗門初の鉄骨鉄筋コンクリートの洋館風の本堂を建立。昭和二十年三月十七日の神戸空襲で、骨組みだけを残して消失。昭和二十五年に開筵式を挙行し、戦後復興をなされる。昭和三十五年八月六日、法寿七十三歳。

 

7日 立秋
始めて秋の気配が現われてくるころ。
夏至と秋分の中間で、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合、この日から立冬までが秋となる。暦の上ではこの日が暑さの頂点となり、翌日からの暑さを「残暑」と呼ぶ。

 

9日 長崎原爆記念日
昭和二十年八月九日午前十一時二分、米軍のB29爆撃機ボックスカーが、長崎市に原子爆弾ファットマンを投下。約七万四千人の死者を出した。広島原爆記念日と同じくこの日を忘れてはならない日と刻むため、原爆記念日とした。

 

15日 終戦記念日
昭和二十年八月十五日に第二次世界大戦(太平洋戦争)が終結したことを記念する日。昭和五十七年には、この日を「戦没者を追悼し平和を祈念する日」とした。

 

25日 第二世講有日聞上人ご祥月命日
嘉永六年(1853)元旦、大津追分で誕生。文久元年(1861)九歳で入門。明治二年、十七歳で出家家得度、現喜と名乗られる。程なく開導聖人の命により宥清寺の住職に就任。明治二十三年、開導聖人御遷化により第二世講有に就任される。明治三十六年六月、鷲山寺第八十三世貫首に就かれる。翌三十七年、本門法華宗管長となられる。明治四十四年、法寿五十九歳でご遷化。
 
夏期参詣は8月13日の期間で営まれます。家族揃って参詣に励みましょう。


Copyright © 1998 KOBE BUTSURYUJI all rights reserved.