• 2017年6月度行事予定 アップしました。
  • 2017年7月度行事予定 アップしました。
  • 2017年8月度行事予定 アップしました。
  • 2017年9月度行事予定 アップしました。
 メールマガジン

 

神戸佛立寺ブログ1
神戸佛立寺ブログ2
佛立青年のひろば
本門佛立宗
HBS Network web site
佛立青年応援団

 

   ありがとうございます

 

 

■9月度行事予定
1日 朝10時 月始四恩報恩総講
3日 朝10時 第34回「女性の集い」於香風寺 主催:神戸布教区
12日 朝10時 高祖日蓮大菩薩報恩総講・全国統一弘通ディ
龍の口法難記念口唱行
16日 朝10時 開導日扇聖人報恩総講
18日 朝10時 扇壽会(長寿御礼参詣)
19日 朝10時 第284回地区別巡回助行
23日 朝10時 秋季彼岸総講(願主料300円)
併修:門祖日隆大聖人報恩総講
28日 朝10時 第450回一万遍口唱会(バテ:信徒連絡会)

 

■ 佛立寺平成29度主な行事(年間)
1月 1日 朝6時半 元旦参詣 祝盃
  1日   朝7時 祝盃式
  1日   朝8時半 本山元旦参詣・誕生寺参詣
  2日 朝10時 有馬別院祝盃
  3日 朝10時 成人式
  5日 朝10時 初総講
  6日 朝6時半 寒参詣始まる(2月3日まで)
  8日 朝7時 開講弘通立誓式(第1回)
  29日 朝9時 四会合同初例会
2月 3日 朝6時半 寒参詣終わる・節分総講(朝7時)
  12日 朝10時 御降誕記念大会
3月 20日 朝10時 春季彼岸総講
  26日 朝10時 門祖日隆大聖人御開山会 導師:加藤日韻導師
新一年生(小学・中学・高校・大学)新社会人御祝
4月 1日 朝10時 神戸佛立口唱会(開導日扇聖人御生誕200年正当日)
28日 朝10時 立教開宗記念日(第446回一万遍口唱会)
5月 5日 朝10時 ファミリーディ(主催:布教区) 於:神戸フルーツフラワーパーク
6月 3日 朝10時 第128回創立記念日
4日 朝10時 佛立開導日扇聖人御正当会 導師:御牧現要化主
7月 9日 朝11時 本山記念参詣(当番参詣)
  16日 朝11時 御墓前式 於:開導聖人境内御墓所
  21日 朝6時半 夏期参詣始まる(8月13日迄)
  22日 朝11時 夏期学校(主催:布教区) 於:香風寺(23日迄)
8月 13日 朝8時 夏期参詣最終日・お盆回向(於:納骨堂)
  20日 夕4時 第十回佛喜堂まつり
9月 18日 朝10時 敬老会
  23日 朝10時 総講(併修:秋季彼岸総講)
10月 29日 朝10時 有馬別院高祖会
11月 12日 朝10時 高祖日蓮大菩薩御会式(併修:総講)     
導師:速水日従化主  七・五・三歳無事成長御礼参詣
12月 17日 朝10時 四会合同年末御礼総講
  26日 朝9時 年末大掃除
  31日 朝10時 年末御礼参詣
  31日 夜11時半 除夜法要

 

 

東北の寺院のこの度の「東日本大震災」により被害を受けられたご信者様には心よりお見舞い申し上げます。 一日も早い寺院の復旧とご奉公の成就をお祈り申し上げます。

 

今月のこよみ

3日 女性の集い
第34回目の「女性の集い」が本年は従来通り、会場を香風寺において講演が開催されます。講師に上田正彦氏(大阪・清現寺所属)を迎えて、「おやじの想い出話=何事も偶然はない=」の講話があります。参詣目標は二十名です。

12日 龍の口ご法難
「去る文永太歳辛未九月十二日御勘気を蒙る」と御妙判に仰せの如く御祖師様聖寿五十歳の御時である。その遠因は立教開宗の当初にあり、近因は極楽寺良観坊との雨乞いである。良観坊は衆僧と共に北条幕府の帰依をうけ、雨乞いをしたが雨が降らなった。かねて御祖師様を憎んでいたので、雨乞いが負けると、幕府に働きかけ、御祖師様を葬りさろうと企てたのである。表向きは、佐渡への流罪、内々には龍の口の刑場で斬首しょうとした。しかし、「刀尋段々懐」「刀杖不加」「毒不能害」の経文どおりの現象をあらわされ、御祖師様の首を切ることはできなかった。

18日 扇壽会(長寿御礼参詣)を開催
本年は昭和十七年九月十五日迄のご誕生の七十五歳以上の方々をご招待して、「扇壽会」を開催しますので、長寿を御宝前に御礼申し上げて。又、楽しく一時を一緒に過ごしましょう。

23日 彼岸総講
彼岸とは「彼の岸(かのきし)と読み、『苦しみの世界から解き放たれた仏さまのお住まいの世界』のことです。
開導聖人は御教歌に「かのきしにわたす御法の舟歌は きくもいさまし南無妙法蓮華経」と詠まれています。此の岸(娑婆世界)から彼岸(仏さまのお住まいの世界)へ渡らしてくださる舟は「上行所伝の御題目」ですよとお教えいただいています。祖先を敬い、亡くなった人々を偲びて、この時期は特に御題目をお唱えさせていただきましょう。お寺にお参りください。




Copyright © 1998 KOBE BUTSURYUJI all rights reserved.